FC2(エフシーツー)噂の家宅捜査ニュース、違法動画無法地帯FC2の謎

FC2(エフシーツー)噂の家宅捜査ニュース、違法動画無法地帯FC2の謎

インターネットの無法地帯『FC2』が違法行為で摘発!?

 

 

FC2は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスに本社を置き、
ウェブサービス及びホスティングサービスを展開する企業で、
主に日本国内を中心に人気があります。

 

FC2は簡単に言えば、Youtubeと同じように投稿動画が
視聴が出来るサイトだと思ってください。会社の代表者は、
設立当初から2008年までは、設立者でもある日本人の男性が
務めたてましたが、2009年~現在は海外の方が代表者を務めています。
なので、2009年以降は創立者である、日本人男性は経営から手を引いています。

 

FC2の利用者は2000万人を超えるとみられ、
安全君も消費者センター(国民生活センター)に就職する前までは、
サービスをうけていました。勿論、サーバーも海外にあると言われており、
海外にあるのなら特に問題はないと思っていました。

 

しかし、今回の報道で、
容疑が出ている内容は、実質的な運営が、
大阪にある「ホームページシステム社」という会社であるということです。

 

そして、報道によると、今回の家宅捜索では、
大阪にある「ホームページシステム社」の会社や社長宅ばかりでなく、
FC2の創業者とされる日本人の男性や、その弟の自宅も対象になり、
京都府警などは創業者らの立件も視野に入れているとされています。

 

 

これは、どういうことかと言いますと…

 

”「実質的な運営から手を引いた設立者である、日本人男性が、実は大阪での「ホームページシステム社」で経営を行い、この「ホームページシステム社」が事実上のFC2の運営会社で、海外からのサーバー配信サービスを行っている、FC2会社はペーパーカンパニーではないか?」”

 

と警察から疑いを掛けられている状態です。

 

こうなると、サーバー配信も海外であるのかどうかも、疑わしくなってきます。

 

 

 

 

 

今回のFC2ニュースで、警察が調査に踏み込めたのは、「公然わいせつほう助」が発端。

 

先ず、今回実質的運営を行っていると言われている、大阪の「ホームページシステム社」を警察が家宅捜査に踏み込めたのは、「公然わいせつほう助」がきっかけです。

 

「ほう助」とついているので、「FC2動画」を実質的に運営していたとされる、
大阪の「ホームページシステム社」が、公然わいせつの手助けをしたという容疑です。

 

ことの発端である、公然わいせつが発覚したのは、2014年6月の事件です。
京都府警はFC2ライブの会員向けサービスで、わいせつな行為を生放送したとして
大阪市の男と兵庫県内の女子短大生を公然わいせつの疑いで逮捕しました。

 

その際、視聴者の支払いの3割をFC2側が「システム手数料」という名目で料金を徴収し、
残りは投稿者である公然わいせつを行った男と女の取り分になる仕組みになっていました。
これは、FC2が利益を得るために違法動画を放置した疑いがあると判断したというところです。

 

ここで問題されるのは、回数です。

 

近年、インターネットによる規制は運営側も管理するもの難しく、1回目で違法動画を削除するのは難しくなっています。しかし、この公然わいせつで捕まった男と女は、既に合計6回の配信で、「2013年7月から始め、4000万円以上稼ぎました」と供述しています。

 

つまり、これはFC2が、公然わいせつを行った男と女から、
売り上げからの対価を貰うために、1回目の公然わいせつで止めず、
6回まで対価を貰うために、「わざと黙認=助けた」とも言えます。
これは、「公然わいせつほう助」に該当します。

 

もしFC2が「公然わいせつほう助=”公然わいせつを手助けした”」で立証されると、ほう助犯として“刑事責任”を問われることになります。

 

こんな話をしたら、世の中にはFC2の様に、
無法地帯になっている、無料アダルトサイトは沢山あります。

 

では、なぜFC2だけが、摘発を受けているのか?

 

これは推測になりますが、今までインターネットの
無法地帯と言われているFC2を会社側が、
社会に対して透明化にせず、企業や消費者を問わず、
著作権侵害の被害などの違法動画に対する被害届が多かった為、
警察がFC2を摘発するために動いたと思います。

 

現に、安全君が消費者センター(国民生活センター)時代に、
当サイトで紹介した無修正有料アダルトサイト側から、
FC2側に著作権侵害の被害などの違法動画に対する忠告や、
警察への相談などしていると聞いたこともあります。

 

 

理由や疑いは、沢山ありますが警察としては、
「先ず実質的な運営が国内なのか、海外なのか?」

 

そこからの解明しない限り、
著作権侵害の被害などの違法動画も踏み込めません。

 

だからこそ、今回の公然わいせつほう助からの家宅捜索に踏み込んだのでしょう。

 

FC2に対する仮処分命令の申立で、代理人をつとめた経験がある
インターネット関連のトラブルに最所義一弁護士も、同じような内容をコメントしています。

 

ちなみ、当サイトで紹介している無修正有料アダルトサイトは、
管理人が実際に、安全確認する為に無修正有料アダルトサイトに入会している、
もしくは入会をしていた無修正有料アダルトサイトのみを、安全を前提とした比較アダルトサイトとして紹介をしています。
(勿論、安全も大切ですが、ほとんどは自分が楽しむ為に無修正有料アダルトサイトに入会しているのも事実ですがねww)

 

当サイトで紹介している、
「悪質無修正有料アダルトサイトの危険性」でも紹介していますが、
以上の情報を参考して、正しい知識を元に健全なオナニーライフを過ごしてくださいね。
下記から、当サイトで一番人気の、
『お試し1ヶ月(30日間)無修正有料アダルトサイトランキング』が見れますので
是非参考にしてください。

 

→お試し1ヶ月(30日間)無修正有料アダルトサイトランキング

トップまで戻ります

コンビニ払いで入会!クレジットカードが無い方に必見です!!

Vプリカ払いの紹介ページ


有料アダルトサイト 比較


メインページ 入会する前に必ず一読を! 格安アダルトサイト一覧 お試しトライアルランキング よくある質問